DODAとマイナビエージェントとの違い

マイナビエージェントとDODAやリクルートとの違いを比較してみた

35歳で転職成功したハラケンです。


マイナビエージェントは、転職エージェントでは中堅どころになります。


マイナビエージェント


人材紹介会社ではリクルートエージェントが業界1位、DODAが2位になるので、マイナビエージェントは4・5位ぐらいに位置する転職エージェントです。


でも、人によってはリクルートやDODAよりも使える転職エージェントなんじゃないでしょうか。




マイナビエージェントは20代の転職に強く、第二新卒や業界未経験の人材を扱う求人が多数あります。


なので、若い人が初めて転職するにはうってつけの転職エージェントなんです。


マイナビエージェント


マイナビエージェントの詳細を見る



そんなマイナビエージェントですが、転職エージェントとしての評判はどうなのでしょうか?


「どんな求人があるのか?量や質はどんな感じ?」


「ブラック企業を無理矢理勧めてきたりしない?」


「キャリアアドバイザーは親切に対応してくれるの?」


マイナビエージェントの特徴や口コミを詳しく解説します。


リクルートエージェントやDODAとの違いも説明しますので、人材紹介会社を選ぶ参考にしてください。


20代にめっぽう強い!マイナビエージェントの特徴

マイナビといえば、就活フェアとかでお世話になった人も多いでしょう。


新卒に強いマイナビだけあって、マイナビエージェントはわりと若い人を対象にした求人が多いです。


他のエージェントよりも、20代や初めて転職する人向けの求人が豊富。


20代なら、「未経験者OK」や「第二新卒OK」の求人も結構紹介してもらえます。


若い人向けの求人が多い


必然的に、30代以上の転職者が登録しようとすると、断られる率が高くなるのがネックですけどね。


実際、僕はDODAやリクルートエージェントには登録できたけど、マイナビエージェントには登録を断られてしまいました。


35歳だとちょっと厳しいのかもしれません。(:_;)


30代・40代は「マイナビエージェントは断られる可能性がある」と念頭に置いた上で、登録した方がいいでしょう。


人材紹介会社の登録難易度


マイナビエージェントにはサービスの期限がない

ただ、こうやって登録者を絞っているだけあって、マイナビエージェントは一人ひとりへの対応が非常に手厚いです。


DODAやリクルートのような「大量の転職者をさばく」エージェントとは違い、転職者とじっくり向き合って相談に乗ってくれます。


そのため、マイナビエージェントにはサービスの期限がありません


通常、人材紹介会社は3ヶ月でサービスを打ち切ったり、メールでしか求人を送ってくれなくなったりするんですが、マイナビエージェントでは無期限でアドバイスや面接対策のサービスを受けらるんです。


「数年かけてゆっくり転職活動したい」人など、妥協せずに転職先を見つけたい人にはうってつけのエージェントなんですね。


↓ちなみに、他社のサービス期間はこんな感じです

DODAのサービス期間と再登録


登録者が少ないからこそ、細やかな対応ができる

また、マイナビエージェントでは入社後もアフターフォローを受けられます。


例えば待遇や仕事内容が入社前の話と違った場合、キャリアアドバイザーがしっかり対応してくれるんです。


アフターフォロー


ここまで手厚いサービスができるのも、登録者の間口を狭めているから。


登録者が少ない分、一人ひとりにきめ細やかなサービスができるんですね。


20代で「転職のやり方が分からない」「転職先の業界についてよく知らない」って人にとっては、細かなアドバイスがとても役立つでしょう。


「ただ転職先に送り込む」だけの転職サービスと違い、マイナビエージェントはじっくりと丁寧な対応がウリの転職エージェントなんです。


マイナビエージェントの詳細をもっと見る

マイナビエージェントの求人の量と質

リクルートエージェントやDODAと比べると、マイナビエージェントの求人の数はそんなに多くはありません。


中小企業の求人はたくさんあるけど、大手企業の求人は少な目な印象です。


これは、マイナビエージェントが若年層をメインターゲットにしているせいもあるでしょう。


ハイキャリアの人材を求める大手企業より、若い人材を求める中小企業からの求人が多いんですね。


どんな業種の求人が多いのか?

業種についてもIT・通信系の求人が3割以上を占めており、若いベンチャー企業からの求人が多いことが分かります。


マイナビエージェントの業種別求人率トップ3(看護師・薬剤師を除く)
  1. IT・通信系・・・33.6%
  2. メーカー系・・・25.7%
  3. サービス・マスコミ系・・・8.0%

若い人を欲しているといっても、サービス系はそんなに多くありません。


なので、ブラック企業は少ないと思います(一般的にサービス業はブラック企業が多いから)。


どちらかというと、営業や技術系の求人が中心です。


マイナビエージェントは「ベンチャーで、スキルがなくても若い人が欲しいという企業」の求人が多いと言えるでしょう。


マイナビエージェントの求人について、口コミと評判

利用者の口コミでも、マイナビエージェントは中小企業の求人は多いけど、大企業の求人は少ないという評判をよく聞きます。


マイナビエージェントの求人の量と質について、実際の口コミと評判を詳しく見ていきましょう。


マイナビエージェントは、大手の求人の量は少し劣っているように感じました。

 

特にあまり人気のない業種については、大手の情報は少なくて少し不安感を覚えるようなイメージがあります。

 

しかし、中小企業での情報の量や質がとても良く、私は地方で転職を希望していましたので、とても良いサポートを受けることができたと感じています。

 

<35歳男性・営業職>

求人の質はあまり良いものとは言えず、いまいちパッとしないものが多かったように感じました。

 

私のスキルや資格状況などが関係しているとは思うのですが、いくら大手とはいえこまごまとした求人しかないんだな、という印象を受けました。

 

対応が親切で丁寧だったため、求人の数についてはちょっと残念に感じました。

 

<26歳男性・プログラマー>

キャリアアドバイザーから紹介される求人量がとても多く、満足しています。

 

年齢が高いこともあり心配していましたが、30代後半でもまだ仕事があるんだということに満足しています。

 

また、求人の質についてもいわゆる「ブラック企業」と言われる企業は見当たらず(ネットで会社検索した程度ですが)、希望に沿う会社が多かったです。

 

<39歳男性・営業職>


やっぱり「大企業よりも中小企業の求人が多い」という口コミが多いですね。


人によっては、求人が多いと感じる人と少ないと感じる人で分かれるようです。


とはいえ、ブラック企業を紹介されるという意見はそんなに聞かないので、その点は安心ですね。


マイナビエージェントの求人について、口コミ・評判をまとめるとこんな感じです。


口コミ・評判

良い口コミ
  • スキルがなくても若手を採用する企業の求人が多い
  • ブラック企業が紛れている確率は低い
  • 中小企業やベンチャー企業の求人が多い
悪い口コミ
  • リクルートエージェントやDODAと比べると、求人の数は少なめ
  • 大企業や管理部門の求人は少ない

マイナビエージェントは、若手なら結構優良求人を紹介してもらえる、と考えておくといいみたいですね。


マイナビエージェントの詳細をもっと見る

マイナビエージェントのキャリアアドバイザーはどんな感じ?

マイナビエージェントでは、業界別で専門のキャリアアドバイザーがいます。


例えばIT業界なら、IT業界出身のキャリアアドバイザーが担当してくれたりします。


だから、業界の内情を教えてもらいやすいんですね。


マイナビエージェントはどんな業界も扱う「総合型」のエージェントですが、「業界特化型」のエージェントぐらい専門的な知識を教えてもらえれる、というメリットがあります。


一人ひとりに合わせた対応をしてくれる

なぜそんなにしっかりした対応ができるのかというと、登録の時点で登録者を絞っているからです。


登録者が少ない分、リクルートエージェントやDODAと違って利用者に合わせたきめ細やかな対応ができるんですね。


実際の利用者の口コミを見ても、個々の事情に合わせた細やかな対応をしてもらえているのが分かります。


マイナビエージェントのキャリアアドバイザーは対応がとても素晴らしいと感じました。

 

こちらがどのような転職先を希望しているのかを、きちんとヒアリングしてくれます。

 

また、同時に提案力も強いと感じました。

 

転職希望者の内情を把握して、希望している内容からさまざまな提案を行ってくれたので、さすがは大手のキャリアアドバイザーだと感じました。

 

<37歳男性・営業職>

前の会社はアルバイトからの流れで入社したので、特に就職したかった会社ではなかったのです。

 

次に転職する会社は本気で探そうと思ったので、キャリアアドバイザーに相談させていただきました。

 

キャリアアドバイザーの方の助言で、あいまいだった志望動機や面接の対策、基本的なマナーや履歴書の作成など手取り足取り教えていただけました。

 

以前はハローワークで仕事を探していましたが、マイナビエージェントの方がサポートも充実しているなぁと思いました。

 

<23歳女性・サービス業>

私がまず何を望んでいるかをじっくりヒアリングしていただき、人生観や価値観を理解していただいたのはとてもよかったです。

 

また、その都度希望に沿う企業を紹介してくれるだけでなく、自分のキャリアと照らし合わせて「例えばこういった業界、こういった職種もどうですか?」と提案していただけたのも良かったです。

 

「よく考えてくれているなぁ」と感心することもあったし、非常に満足しています。

 

<31歳男性・営業職>


転職が初めての方からキャリアを積まれた方まで、それぞれ違った対応をしているのが、口コミからも分かりますね。


若いアドバイザーが多いのがデメリットになるという側面も

マイナビエージェントは他のエージェントよりも若いアドバイザーが多いです。


なので、その若さに不安を覚えるという意見もあります。


「ガツガツと提案してくるのがちょっと性に合わない」という口コミもちらほら見られます。


比較的年齢の若い方が多いため、一生懸命にガツガツ営業をしてきます。

 

求人企業と求職者を早くマッチングさせて営業成績をあげてやろうという勢いは感じるのですが、あまりこちらの要求や意図を組まずに求人企業を紹介してきたり、自分本意のアドバイスをされることがありました。

 

また、社会人経験が浅いためか、そもそもの社会の仕組みや社会人(求職者)の本質・想いなどを理解しておらず、杓子定規なアドバイスしかできない点は、まだまだだなと思いました。

 

<33歳男性・法務>

明らかに自分の希望と沿わない提案をされたことがあり、紹介の根拠も私のキャリアを意識したものではなく、明らかに自分が紹介したい案件を進められている感じを受けたことがありました。

 

キャリアアドバイザーの対応に関しては、担当者レベルにより少しバラつきあるようにも感じました。

 

<37歳男性・営業職>


これはどこの人材紹介会社にも言えることですが、キャリアアドバイザーは人によって合う・合わないがあります。


マイナビエージェントは若いアドバイザーが多いので、人によっては合わない人もいるでしょう。


これは相性の問題になってくるので、「合わないな」と感じたら担当をかえてもらうのも手です。


うまく付き合っていければ、マイナビエージェントのアドバイザーはあなたの転職を上手にサポートしてくれるでしょう。


マイナビエージェントのキャリアアドバイザーについて、口コミ・評判をまとめるとこんな感じです。


口コミ・評判

良い口コミ
  • 業界別の専門アドバイザーがつくので、業界の内情が分かりやすい
  • 登録者が少ないので、一人ひとりの対応がきめ細やか
悪い口コミ
  • 若いアドバイザーが多く、ガツガツ営業してくる人もいる
  • 人によっては、思ってたのと違う提案をしてくるアドバイザーもいる

マイナビエージェントは対応が密な分、アドバイザーとの相性で満足度が大きく左右されます。


もし、とても相性の良いアドバイザーに出会えたなら、かなり転職の助けになるでしょう。


マイナビエージェントの詳細をもっと見る

マイナビエージェントとDODAやリクエーではどちらがおすすめ?

マイナビエージェントVSデューダ、リクルートエージェント


口コミや評判を総合すると、マイナビエージェントにはこんな特徴があると言えます。


  • 主に20代向けの転職エージェントなので、30代以降だと登録できないことがある
  • 20代なら未経験者向けや第二新卒向けの求人も多い
  • 登録者を絞っているから一人ひとりへの対応が丁寧
  • フォロー期間が無期限
  • 大企業よりも中小企業やベンチャー企業の求人が多い
  • 業界別で専門のキャリアアドバイザーがいて、比較的みんな年齢が若い

若い世代をターゲットにしている転職エージェントなので、30代以上だと特別なスキルや経験がないと活用は厳しいです。


30代以上であまりキャリアを積んでいない人なら、リクルートエージェントやDODAを活用した方がいいでしょう。


リクルートエージェントとDODAのどちらがあなたに向いているかは、下の記事を参考にしてください。


リクルートエージェントとDODAで評判がいいのはどっち!?



逆に、20代ならあまりキャリアがなくても、マイナビエージェントではいろんな企業を紹介してもらえる可能性が高いです。


ただし、登録時に職務内容の項目はきちんと入力しておきましょう。


マイナビエージェントはわりと登録を断られる確率が高いので、あまりショボい内容を入力すると、「あなたに紹介できる求人はありません」と登録拒否されてしまいます。


特に、30代以上の転職者は、職務内容をしっかり入力するようにしてください。


職務内容


そこさえ押さえておけば、登録は無料でカンタンにできます。


自分がどんな仕事に向いているか分からないという人は、相談することで自分のキャリアプランが見えてきます。


初めての転職で悩んでいる人は、一度マイナビエージェントで相談してみるといいでしょう。


マイナビエージェントの登録はこちらから

関連ページ

リクルートエージェントとの違い
DODA(インテリジェンス)とリクルートエージェントの違いを比較します。
パソナキャリアとの違い
DODA(インテリジェンス)とパソナキャリアの違いを比較します。
JACリクルートメントとの違い
DODA(インテリジェンス)とJACリクルートメントの違いを比較します。
専門型・地域型人材紹介の実態
専門分野に特化したり、地域密着型で展開する人材紹介会社の実態とDODAとの違いを解説します。