DODAが行う内定後の年収交渉

内定後の条件交渉で給料アップした体験談

年収交渉


DODAで転職成功したハラケンです。


人材紹介会社を利用して転職するメリットのひとつが、内定後の年収交渉。


キャリアアドバイザーが企業の担当者と交渉して、提示された条件より良い待遇にするため条件交渉をしてくれます。


企業が提示した年収とあなたが希望する年収を照らし合わせ、より有利な転職条件になるよう取り計らってくれるんです。


僕がDODAで内定した企業にも、担当キャリアアドバイザーの斉藤さんは年収交渉をしてくれました。


斉藤さん


おかげで僕は、一般より60万円高い年収で転職することができました!


見ている人の中には「本当に年収交渉なんてしてくれるの?」と疑っている人もいるでしょう。


そこで、僕がDODAで体験した内定後の条件交渉の流れを包み隠さずお話します。^^

求人票の年収からこれだけアップできた!

僕が内定した会社はそんなに給料の高い会社ではありません。


でも、斉藤さんが僕をプッシュしてくれたおかげで、有利な条件で入社することができました。


最初、この会社の求人票には年収はこのように記載されていました。


想定年収:○○万円(下限)〜○○万円(上限)
※年2回の賞与含む


人材紹介を通さずに自己応募した場合は、たいてい「下限」からのスタートになります。


想定年収で提示された場合、「下限」がいわゆる基本給で、実績に応じて昇給していくような形がほとんどです。




求人票の想定年収は、僕が希望する年収より40万円ほど少ないものでした。


「うーん、ちょっと給料が低いなぁ・・・」と感じてたんですね。


そんな僕の希望条件を、DODAキャリアアドバイザーの斉藤さんはちゃんと理解してくれていました!


僕は面接で希望年収を聞かれたりはしていません。


でも、斉藤さんは裏でちゃんと企業担当者と交渉して、僕の希望年収を伝えてくれていたんです!


条件交渉


1回目の面接の後、斉藤さんから交渉後の年収額を教えてもらいました。


それは僕の希望年収を上回るものでした。


そして2回目の面接のときに、採用担当者が「この金額でいかがでしょう?」と金額を提示してきたんです。


それは斉藤さんから教えてもらったのと同じ金額だったので、僕は内定を了承しました。


そのときの内定通知書がこちらです。


内定通知書


なんと、調整手当という名目で50,000円アップしてくれました!


面接のときに採用担当者はこう言ってました。


「この調整手当はハラケンさんだけに支払われる特別な手当だから、他の社員と給与の話が出ても絶対言わないでくださいね」


おお!僕だけ特別待遇してくれるのですか!ありがとうございま〜す。( ´ ▽ ` )ノ


月収50,000円アップだから、年収だと60万円アップですよ!


僕が希望していた年収よりもさらに上がっちゃいました(笑)。




おかげで入社してからも僕は他の社員よりも優遇された給料をもらっています。


見てください!ちゃんと毎月の給与明細にも調整手当が記載されていますよ。


調整手当


他の社員には秘密ということで、一人でこっそりムフフとほくそ笑みながら仕事してます(笑)。




内定後の年収交渉では、このように手当という名目で基本給から上乗せされたりします。


年収アップは本当にできるんです!


希望する収入が得られたのは、DODAの斉藤さんのおかげ。


人材紹介を利用して本当によかったと思います。

直接応募では条件交渉するタイミングがほとんどない

人材紹介会社では担当のキャリアアドバイザーがあなたの代わりに条件交渉をしてくれます。


でも、転職サイトからの直接応募だと条件交渉するタイミングはほとんどありません。


僕は転職サイトからの応募でも2社内定したんですが、年収交渉するタイミングは全くなかったですね〜。


中には面接時に「希望の年収はいくらですか?」と聞いてくる企業もあるけど、希望を聞くだけで「交渉」という感じではなかったです。


内定の出た2社では、内定通知書に年収が記載されてあるだけでした。


しかも採用通知は郵送で一方的に送られてきたので、年収交渉する余地はありません。入社するか辞退するかの二択のみ!


幸いにも1社は希望年収よりも上でしたが、もう1社はほとんど新卒なみの給料を提示してきましたねぇ。(^_^;)


年収低すぎ


転職サイトからの自己応募だと、こんなもんだと思います。主導権は企業側にあります。


自己応募では転職条件をこちらから提示することはほとんどできないと思っておいた方がいいでしょう。




しかし、人材紹介会社を通すとこちらから条件提示ができます。


キャリアアドバイザーも熱心に年収アップを交渉してくれます。


なぜなら、人材紹介会社は年収額に応じたインセンティブを企業から受け取っているからです。


多くの人材紹介会社は「転職者の年収の○%」という形で、企業から報酬を受け取っています。


DODAがどういうシステムで報酬を受け取っているかは分かりませんが、おそらく担当キャリアアドバイザーにも何らかのフィードバックがあるのではないでしょうか。


なので、転職エージェントはたいてい年収交渉を熱心にやってくれます。DODAの斉藤さんもそうでした。^^


企業側に「この人が欲しい」と思ってもらえたら、結構強気で条件交渉ができますよ。


交渉しないと、新卒なみの給料を提示されたりしますからね。(^_^;)


転職で年収アップしたいなら、ぜひ人材紹介会社を活用した方がいいと思います。


僕のおすすめ

・キャリアアドバイザーのフォローが親切
・非公開求人を含む40,000件以上の求人


強気の交渉で年収アップさせる!


DODAの詳細はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

ブラック企業ばかり紹介されないか?
DODAではブラック企業ばかり紹介されることはないか。ブラック企業を紹介されたときに辞退できるのか。
どんどん受けさせられるのか?
DODAのキャリアアドバイザーはどんどん面接を受けさせるのか?応募する求人は自由に選べるのか、無理やり受けさせられたりしないか。
面接の日程調整の範囲
DODAのキャリアアドバイザーはどれだけ面接の日程調整をしてくれるのか。忙しくて面接に行けないとき、面接がかぶったときはどのように対応してくれるのか。
内定辞退のしかた
DODAでは内定が出たときに辞退できるのか?人材紹介会社での内定辞退のしかたを、体験談を元に語ります。
DODAのサービス期間と再登録
DODA(インテリジェンス)のエージェントサービスの期間について。サービス終了となる期限は?再登録はできるのか?