人材紹介会社登録難易度比較

dodaの登録に失敗しないために

断られる


dodaで転職成功したハラケンです。


dodaのエージェントサービスに申し込むと、ひとまず預かり案件には応募できます。


↓「預かり案件とは何か?」は、こちらの記事をご覧ください。



ただし、エージェントサービスに登録したからといって、全員に担当のキャリアアドバイザーがつくわけではありません。


年齢やキャリアがdoda(パーソルキャリア株式会社)の基準に満たない場合、「現時点では紹介できる求人がありません」とキャリアカウンセリングを断られてしまいます。


そうなると面談で転職のアドバイスなどは受けられませんし、非公開求人も紹介してもらえません。




このように、dodaをはじめとする人材紹介会社は面談や登録を断られることがあるんです。


なので、登録時のレジュメは注意して作る必要があります。


テキトーに登録したがために「あなたに合う求人はありません」と断られて終了、なんてことのないようにしましょうね。

人材紹介会社の登録難易度を比較してみた

取り扱う求人がハイレベルな人材紹介会社であればあるほど、登録者をより選別しています。


大手企業など人気の高い求人を扱う人材紹介会社は、登録時に断られる確率が高いのです。


僕の体験と口コミや評判を参考にしたランキングですが、大手人材紹介会社の登録難易度と求人の質はこのような感じかと思います。



求人レベルと登録難易度



あくまで僕の体験による独断ですけどね。(^_^;)


実際、僕はJACリクルートメントとマイナビエージェントには登録を断られました。


ネットから登録したところ、このようなメールが返ってきたんです。


ハラケン様のご経歴とご希望条件をもとにご紹介可能な取り扱い求人の有無を確認したところ、現時点ではハラケン様のご希望・ご経験に合致する求人のご用意ができず、ご支援が難しい状況でございます。弊社の力不足により、お役に立てず申し訳ございません。

ま、とどのつまり「お前なんかに紹介できる求人はないぞー!」ってことですよね(笑)。


確かにJACリクルートメントとマイナビエージェントはハイスペック求人が多い気がします。


↓それぞれの人材紹介会社の特徴はこちらの記事をご覧ください。



その点、dodaはもうちょい庶民的です。


もちろん大企業の求人もありますが、比較的入りやすそうな中小企業の求人もそろっています。


といっても、ブラック企業の求人ばかりそろえているわけではありません。


小さな人材紹介会社ならブラック求人ばかり扱っている会社もありますが、仮にもdodaはリクルートエージェントに次ぐ大手です。


数ある人材紹介会社と比べると求人のレベルは高い方だと評判です。


なので、dodaには登録しやすい上にそこそこ良質な求人もそろっています。


一般社員から管理職まで幅広い層に受け入れられる転職エージェントなんです。




では次の記事では実際に、カウンセリングを断られないでdodaエージェントサービスに登録する手順を見ていきましょう。


カウンセリング拒否されない登録レジュメの作り方



dodaに登録を断られたときは……

dodaに登録を断られた人でも比較的登録しやすいのがパソナキャリアです。

事務職や女性向けの求人が多く、他の転職エージェントで見かけない求人が豊富にあります。

僕も利用していたパソナキャリアについて、サービスの内容を解説します。


パソナキャリア

僕のおすすめ

・キャリアアドバイザーのフォローが親切
・非公開求人を含む10万件以上の求人


dodaに登録して求人を探す!【無料】



このエントリーをはてなブックマークに追加