doda会員登録とエージェントサービス登録の違い

エージェントサービスには申し込んだ方がいいのか?

dodaで転職成功したハラケンです。


dodaに会員登録しようとすると、エージェントサービスの申し込みを希望するかしないかを聞かれます。


ここで「エージェントサービスって、登録した方がいいの?」と迷いませんか?


エージェントサービス登録


dodaのサイトを見る


dodaは転職サイトと人材紹介サービスが合体したサイトです。なので、会員登録時にどこまでサービスを利用するかを聞かれるんです。


リクルートで言うと「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」が合体したようなサイトなんですね。




基本的にはdodaではエージェントサービスの申し込みもした方がよいです。


なぜなら、応募できる求人の範囲が圧倒的にに増えるからです。

dodaの登録形態は3種類ある

dodaのサイトを見ただけでは判別しにくいですが、dodaにはサービスによって3つの登録形態があります。


  1. 求人情報サービス
  2. エージェントサービス
  3. キャリアカウンセリングサービス

いずれも無料で登録できますが、応募できる求人などサービスの範囲が異なります。


サービス名

登録方法

応募できる求人

キャリアアドバイザーのアドバイス

利用期限

求人情報サービス

会員登録のみ 直接応募の求人のみ なし 無期限

エージェントサービス

エージェントサービスに申し込む 預かり案件に応募できる なし 無期限

キャリアカウンセリングサービス

エージェントサービスに申し込み、キャリアカウンセリングを受ける 預かり案件と非公開求人に応募できる あり 3ヶ月

見落とせないのが預かり案件の存在です。


預かり案件とはdoda(パーソルキャリア株式会社)が企業から「こんな人材が応募してきた場合のみ知らせてほしい」と預かっている求人のことで、応募書類を企業に回すかはdoda(パーソルキャリア株式会社)が判断します。




この預かり案件は求人検索で閲覧できますが、応募するにはエージェントサービスへの登録が必要です。


応募方法に「この求人情報は、採用企業からdodaがお預かりしている求人情報です」と表示されていれば、それは預かり案件です。


預かり案件


預かり案件の求人の場合、応募ボタンはそのままエージェントサービスの登録ボタンになっています。


預かり案件応募


そしてdodaではこの「預かり求人」の割合が非常に多いんです!


求人検索の「応募方法」で抽出すると、その数が分かります。


応募方法


企業に直接応募できる求人と、エージェントサービスへの登録で応募できる預かり案件とでは、こんなにも求人数が違います。


直接応募できる求人・・・4,451件


エージェントサービスでのみ応募できる求人(預かり案件)・・・53,586件


2018年12月現在のデータ


なんと、預かり案件の数は直接応募できる求人の12倍以上に上ります。


閲覧できる求人のうち92%が預かり求人なのです!




なので、dodaに会員登録しただけなら、掲載している求人のたった8%しか応募できないことになります。(;_;


dodaの場合、エージェントサービスへの登録は必須といえるでしょう。




また、キャリアカウンセリングサービスも受ければ転職の相談にも乗ってもらえますし、求人検索では見れない非公開求人も紹介してもらえます。


dodaで取り扱っている求人の90%以上が非公開求人ですので、申し込めば選択の幅が10倍にも広がることになります。




dodaの求人の応募できる範囲を図で表すと、こんな感じになります。


応募範囲


会員登録だけよりもエージェントサービスへの登録、さらにはキャリアカウンセリングサービスも受けられた方が、応募の範囲が広がるのが分かりますよね。




ただしここで注意点があります。


キャリアカウンセリングサービスは誰でも受けられるわけではありません。


あなたのスペックが要件に満たないと「紹介できる求人がありません」とカウンセリングを断られたり、面談を保留にされることがあります。


なので、エージェントサービスの登録時にもしっかり自分をアピールしておく必要があります。


無料だからといってテキトーに登録しちゃうと、相手にされなくなっちゃいますからね!(>_<)


でも安心してください。


実はどんな人でもあるポイントを押さえれば、ぐんとカウンセリングを受けられる確率が上がるんです。


次の記事からはdodaエージェントサービスに登録するコツをお話しします。


dodaの登録は他社より難しいのか?



もっとたくさんの求人を見たいなら

もっとたくさんの求人を見たいなら、doda以外の転職サイトも利用しましょう。

リクナビNEXTは85%が他の転職サイトにはない限定求人です。

dodaと併用で登録しておけば、希望にピッタリの求人に出会える確率も上がります。



僕のおすすめ

・キャリアアドバイザーのフォローが親切
・非公開求人を含む10万件以上の求人


dodaの転職サービス【無料】を詳しく見る!



このエントリーをはてなブックマークに追加